さくらハイツ

 

高齢者が住める住宅を作ってほしいとの地域の方の要望により2018年にサービス付き高齢者向け住宅として建設。特養の定員を減少し、建物内を改築した例は全国初。朝夕の食事を提供し、食堂で楽しく食べています。管理人を置き、相談・連絡係としてお客様にも安心感があります。これからの高齢社会で元気に暮らすまちづくりの鍵となります。
2019年厚生労働省より将来に向けた介護基盤整備についての地方部におけるサービス基盤整備のモデルケースとなり、以下のように紹介された。

人口減による特養入所申込者数の減少、軽度者の市外施設等への移住増加のため、特養定員を86人から14人分減らし、サービス付き高齢者向け住宅9室に転用。