芦別慈恵園では、サービスの向上・利用者に対する情報提供を目的として

公平・中立な第三者評価機関による「第三者評価」を受審しました。


 平成24年度北海道福祉サービス第三者評価結果を掲載いたします。

 評価結果はコチラをクリックしてください。

その他の情報は「北海道福祉サービス第三者事業推進機構」でも公開されています。

 この基準は、事業所が指定基準(厚生省令)を満たした上で

さらにより良いサービス水準を目指して自己評価を行い、サービスの

質を図ると共に、評価結果の公表により利用者の適切なサービス選択に

資するためのものです。

介護サービス情報制度とは

 平成18年4月から「介護サービス情報の公表」制度が始まりました。

ご利用者が介護サービスや事業所・施設を比較・検討して、適切に

選ぶための情報を提供する仕組みです。

介護サービス情報の公表の特徴

 ポイントは以下のとおりです。


1.地域にある介護サービス事業所の比較・検討ができます。

2.いつでも誰でも自由に情報を入手することができます。

3.ご利用者やご家族が、介護支援専門委員などと同じ情報を共有することで

  サービス利用の相談がしやすくなります。

4.事業所が公表している情報と、実際のサービスが比較できるので

  介護サービス事業所との相談がしやすくなります。

介護サービス情報の公表を利用するには

指定情報公表センターのホームページからいつでも閲覧できます。

公表の対象となる介護サービス

訪問介護 訪問入浴介護 訪問看護 通所介護 

特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム・軽費老人ホーム) 福祉用具貸与

居宅介護支援 介護老人福祉施設 介護老人保健施設のサービス


 平成19年度から、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、介護療養型医療施設の

3サービスが追加されます。

※このほかのサービスについては、調査研究や実施体制の準備を経て順次追加される予定です。

 介護情報等の提供及び個人情報の保護に関するお知らせ  

 当施設は、ご利用者の皆様への説明と納得に基づくサービス提供

(インフォームド・コンセント)および個人情報の保護に積極的に取り組んでおります。


介護情報等の提供

 ご自身の症状やケアについて質問や不安がおありになる場合は、遠慮なく

直接、看護師・ケアワーカーまたは生活相談員に質問し、説明を受けてください。

この場合には、特別の手続きは必要ありません。

介護情報等の開示

 ご自身の介護記録等の閲覧や謄写をご希望の場合は、遠慮なく職員に開示を

お申し出ください。(基本的にご本人・ご家族代表者のみとさせていただいております)

個人情報の内容訂正・利用停止

  個人情報とは、氏名、住所等の特定の個人を識別できる情報を言います。

  当施設が保有する個人情報(介護記録等)が事実と異なるとお考えになる場合は

   内容の訂正・利用停止を求めることができます。職員にお申し出ください。

   調査の上、対応いたします。 

個人情報等の利用目的

  個人情報は以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて利用いたしません。


  サービス提供のために利用するほか、施設運営、教育・研修、行政命令の遵守、

   他の医療・介護・福祉施設との連携等のために、個人情報を利用することがあります。

   また、外部機関による施設評価、学会や出版物等で個人名が特定されないかたちで

   報告することがあります。


  当施設は介護職員等の実習施設に指定されており、研修・養成の目的で、介護専門

   職等の学生等が介護などに同席する場合があります。

ご希望の確認と変更

  入所予定の変更、介護給付・保険証等の確認等、緊急性を認めた内容について

   ご本人・ご家族代表者様に連絡する場合があります。

   ただし、事前に受付までお申し出があった場合は、連絡いたしません。


  居室における氏名の提示を望まない場合には、お申し出ください。

   ただし、事故防止・安全確保のためには、氏名の提示が望ましいです。


  電話あるいは面会者からの、部屋番号等の問い合わせへの回答を

   望まない場合にはお申し出ください。


 一度出されたご希望を、いつでも変更することが可能です。お気軽にお申し出ください。